現役大学生のFX学習譚

このブログは私のFXの、日々の学習の記録やトレード記録を掲載していくブログです

2021年 1月 トレード成績

月末ということでトレード成績を公開します

トレードノート

 

7戦4勝2負け1引き分け

(引き分けは、途中で考えが変わって、プラマイゼロで撤退したということです)

勝率57%

総収支2905円

総利益:総損失 2.4 : 1

平均利益:平均損失 1.2 : 1

 

これまで全然勝ててなかったので、とりあえずまずまずの成績かなって感じです

トレードルーティン

私のトレードルーティンを公開します。とはいっても特別なものではなく、YouTubeのFX解説動画などでよく言われているようなものです。

➀上位足の環境認識
 これは重要なラインを確認するためのものです。重要なラインにタッチした後の反転狙いなどは鉄板の
 エントリーポイントです。
➁監視足でエントリーのきっかけを待つ
 私はエントリーするときの鉄則として何かしらのきっかけがあった後のエントリーをルールにしています。
 きっかけとは、トレンドラインブレイク後ファンラインブレイクでエントリー
        ダブルボトムネックラインブレイク後ネックラインまでのリテストでエントリーなどです。
➂下位足で細かくエントリータイミングを計る
 ➁でのきっかけのラインをブレイクした後のリテストを、下位足で見ます。

私のトレードルーティンは大まかにこんなところです。このルーティンで現在はなかなかの成績を出せているので、まだ勝ててない人に参考になると思います。

 

 
 

2021/1/29 3:45 NZD/JPY決済(負け)

久しぶりの負けトレードです・・・。
しかも相当きれいに逆行されました・・・。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: h1-4-1024x370.png

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: h4-4-1024x370.png

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: d1-2-1024x370.png

日足の青のトレンドラインをブレイクして、4時間足のラス押しもブレイクしていたので、トレンドが転換して1波が出たと判断しましたが、4時間足の赤のトレンドラインが見えていませんでした。4時間足レベルでは黒のトレンドラインで判断してそれがブレイクしたから転換と見ていましたが、赤のトレンドラインのほうが重要度が高いことが見て取れます。チャネルラインで5点もつけているため、相当優秀なトレンドラインであると判断できます。

【教訓】
トレンドラインはアタリの良いところに引く。結局のところトレンドラインも斜めなだけで、サポレジラインと同じです。であるならば、チャネル含め良く当たっているようなラインが優秀であると言えます。さらに言えば、当たっているだけでなく、ローソクからあまり乖離していない、トレンドの傾きと同程度の傾きのトレンドラインが優秀であると言えます(トレンドラインってそもそもそういうものだったのでは・・・。)


FX土曜勉強会《88》『トレンドラインの基本』

 

あきチャンのこの動画が、トレンドラインの引き方、チャネルレンジの考え方を学べて為になったので貼っておきます。

 

このトレードのシナリオはこちら

 

ikejifx.hatenablog.jp

 

 

2021/1/28 21:30 NZD/JPY ショートエントリー

週足重要水平線タッチ後、4時間足トレンドラインブレイク
4時間足、ファンラインブレイク後リテストからエントリー  3波狙い
ストップは前回高値(2波)、テイクプロフィットは週足水平線

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-4-1024x371.png

 

このトレードの結果はこちら

 

ikejifx.hatenablog.jp

 

 

2021/1/27 23:55 EUR/JPY決済(勝ち)

エントリーしていたEUR/JPYが決済になったので報告します

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: h1-2-1024x361.png

チャネル底まで55pips獲得しました

 

このトレードのシナリオはこちら

 

ikejifx.hatenablog.jp

 

2021/1/25 19:25 EUR/JPY ショートエントリー

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: h1-1-1024x367.png

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: M15-1024x367.png

1時間足チャネルタッチ後15分足でのチャネルブレイクで、第2波完結、第3波の開始との推測。1時間足チャネルまで取りにいく形。

損切は1時間足前回高値(1-2波) 利食いはチャネル下限。
リスクリワード1:1(1800円:1800円)

【反省点】
・チャネルブレイク後リテストからエントリーしたが、リテストが入った後に陰線確定など、何かしらの下へのアプローチが入ってからエントリーすべきだった。
・リスクが大きかった(15%)ため、もっとリスク管理をすべきだった。

 

このトレードの結果はこちら

 

ikejifx.hatenablog.jp

 

2021/1/20 23:15 EUR/JPY決済(勝ち)

15分足レベルでショートエントリーしていたEUR/JPYが決済になったので記録します。

【環境認識】1時間足ダウントレンド 前回高値とネックラインのサポレジにタッチ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tempsniph1-1-1024x363.png

【エントリーポイント】15分足ダブルトップネックラインブレイクでエントリー
           なお、ダブルトップではなくトリプルトップだった模様

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: tempsnip-2-1024x359.png

損切り利食い】トリプルトップの少し上にストップロス、利食いは当初は分割決済で、1000通貨はリスクリワード1:1の場所、残りの1000通貨は画像のオレンジラインのところに置いていたが、あとから1時間足でブレイクされているトレンドラインを発見したため、そのトレンドラインへのリテストからの3波の可能性があると考え、トレンドラインにタッチしたところで利食いした。
結果当初の利食いポイントに到達したため、チキン利食いになってしまった。

【リスクリワード】1:1(当初は1:2.5あったがチキン利食いしてしまった)

【反省点】・チキン利食いをしてしまった
     ・ダブルトップネックラインブレイクのリテストを待たずにエントリーしてしまった。
     ・ストップロスの場所が、根拠が崩れる場所に置いてなかった